学校法人さわらび学園
中部福祉保育医療専門学校
〒442-0811
愛知県豊川市馬場町
上石畑61番地
TEL.0533-83-4000
FAX.0533-83-4002

GREETINGS

理事長挨拶

私たち学校法人さわらび学園が、人づくりヴィジョンで掲げた5つの力、「人間力」「実践力」「先端力」「国際力」「共生力」。言い換えれば、これらはこれからの時代でもっとも必要とされる力、すなわち、「自ら調べ、考え、実行する力」のことです。特定の与えられた課題に対して答えを出すことにおいては、すでにAIが人間を超えてしまいました。知識の量においても、Googleで調べれば圧倒的な量の情報がでてきます。では、人間がAIやGoogleに勝ることはなんでしょうか。

それは、考える力です。答えの見えない課題を発見し、考え続け、そして実行していくことです。私たちの学園は、教える場を目指しません。一人一人が自ら意欲的に学べる場になるべきだと考えます。

でも、壁にぶつかった時や困った時は、友人や教職員と励ましあって欲しい。一人で悩まず、一緒に乗り越えられる仲間を作って欲しい。私たちは、人生100年時代において、理想の長寿福祉社会をつくるグローバル福祉リーダーを育成することを目指しています。そして、夢の実現に向けてチャレンジする皆さんを応援し、サポートすることが、学園の役割だと考えています。

山本左近

さわらび学園 理事長 さわらびグループ CEO/DEO
1982.07.09 愛知県豊橋市生まれ。幼少期に見たF1日本GPでのセナの走りに心を奪われ、将来F1パイロットになると誓う。両親に土下座して説得し、1994年よりカートからレーシングキャリアをスタートさせる。2002年より単身渡欧。ドイツ、イギリス、スペインに拠点を構え、約10年間、世界中を転戦。2006年、当時日本人最年少F1デビュー。2012年に日本に拠点を移し、医療法人/社会福祉法人の統括本部長として地域の医療福祉に邁進。2017年9月には学校法人を取得。2018年、医療・福祉・教育の3本柱となったさわらびグループのCEO/DEOに就任。「医療福祉×テクノロジー」をモットーに、超幸齢社会をデザインするべく、世の中のイノベーションを探る「長寿のMIKATA」の編集長でもある。日本語、英語、スペイン語を話すマルチリンガル。
さわらびグループ